より良い不用品処分の方法

私たちが生活していく上で、周りにあるもの全てが必要なものだと言える人は少ないように感じる。長く生活していると必ずといっていい程、不要品というものが出てくるはずだ。不用品処分をどのようにするかについては人によってさまざまであり、不用品として不用品処分をする人もいれば、人に譲る人、フリーマーケットやネットオークションにて不用品処分をする人などがいるだろう。「エコ」という言葉が一般に浸透してきた昨今では不用品を不用品として廃棄するよりも不用品の可能性を見出してみるのも一理ある。


上で挙げたように、ただ不用品処分をすると言っても、さまざまな処分方法があり、その中でも不用品の可能性を拡大する方法の一つにネットオークションやフリーマーケットの活用がある。不用品というのはその物を所持している人にとって必要がなくなった物ではあるが、その不用品と感じている物はある市場では需要が過熱していて、その分野のマニアックな人にとっては喉から手が出るほど欲しい逸品である可能性も秘めているのだ。あなたが不用品として無料もしくはお金をかけて処分しようとしていた物が需要と供給の市場の欲求に合致した物としてあなたの押し入れに眠っているかもしれないのだ。 


たとえば、子供が小さい時に遊んでいた玩具などにもプレミア価格が付き、購入時の何十倍の価格へと変わっていたり、使っていない古い食器が想像もできない価格で売れる事もあるのだ。このように自身が不要に感じている不用品もただ不用品処分とするのではなく、市場に一石を投じてみる事で価値あるものへと変貌を遂げ、かつ、自身が押し入れに入れっぱなしで、処分を待っていた不用品が新しい購入者にとっては愛用品に変わる事があるのだ。もちろん、不用品の全てがこのようなケースに合致するとは言い難い。しかし、不用品として処分するのであれば、需要のある人に商品として譲渡するネットオークションやフリーマーケットを活用する事が不用品処分の新しい形であると考えている。

不用品処分を通じて環境維持を

地球環境問題があちこちで様々な症状を含み、盛んに叫ばれている現代を生きる我々が、今一度再着目しなければならない、身近な存在がある。それは、不用品処分に関しての問題である。不用品は必ず誰もが抱えてしまうものだ。不用品といっても様々あるが、最も一般的なのは、新聞紙や紙、また空き瓶などの日常で使われるものであろう。これらをただ単にゴミに出すのでは、あまりエコではない。我々は、ここで不要品回収センターや回収車を利用したい。


不用品処分の一つの方法に、不用品回収車を述べた。では、なぜ不用品回収車がお勧めであるのかを説明する。まず一番に、回収車は我々の家の近くにまでやってきてくれる。また、あらかじめ電話をしておけば、ちゃんと時間通りにやって来てくれ、査定も行ってくれる。そして、なにより不用品回収が行われたあとは、リサイクルされ、また新たな使い道を探し利用されていくということだ。リサイクル・リユースは今後の我々の生活の中でより一般的にならなければならない。


これまで、個人の家庭向けに話を進めてきたが、企業にとっても同じである。いや、むしろ企業の方が不用品を排出する量で考えるとより重要であるかもしれない。例えば、一番不用品が発生するのは、閉店・廃業になった時であろう。いらないものは処分してもらい、今後も使用出来るものに関しては買取まで行ってくれる。また、オフィス移転やレイアウト変更時の大量の処分品にも応じてくれる。また、重要なのが、機密文書の処分にも対応してくれることだ。個人も企業も、不用品処分を賢く行い、地球に優しい生活を送って頂きたい。

不用品処分による気持ちの整理

生きていく上で、必要ではなくても捨てられないもの、何らかの思い入れがあり、捨てたいけれども捨てられない、というものも多数存在する。その処分には大きな決断が必要である。必要であるかないかを考えることもなくそのままにしているものも中にはあるだろう。しかし、引越しをするとなると思い切って幾つものモノを処分する必要が出てくる。それは、ある意味で人間にとっての一つの大きな門出となる。物質的、精神的その両面においての門出である。


モノには、人間の心理が反映されている。必要であると思えるものには何らかの愛着が存在しており、時と場合によってそのものが必要である場合、ない場合が存在するのはその愛着による変動であるとも考えられる。だからこそモノを処分することができない人間が多いのであるが、モノを処分することには大きな精神的成長も期待されると考えられる。捨てられないものを捨てようとすることにより、過去の自分と決別することができるからである。


この、不用品処分という行為には、気持ちの切り替えという効果も見られる。何か心に引っかかるものがあったとしても、その存在を切ってしまうことで自らをリセットすることができる。不用品処分はまさにその具体例ではないであろうか。引越しと同様、新たな門出を迎えることができる。部屋も片付く、モノもなくなる、気持ちの整理をつけリセットすることができる。これらの大きな利点が、不用品処分には存在しているのではないかと考える。